WCBblog
↓↓↓★飲食店の売上げをアップさせる必須のノウハウはこちら★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科

潜在意識の95%ルール

脳科学心理マーケティング術の基本原理

についてお話しします。

 

 

<潜在意識の95%ルール>

 

「人間の思考・感情・学習の95%は意識することなく生じている。」

というルールです。

 

逆にいえば、

「マーケティングを専門としているマーケターと呼ばれる95%が知らないこと」

と言い換えることもできます。

 

 

例えば、

人は何か質問を投げかけられた時に、

自分が解けた!わかった!と自覚する

数秒前にすでに、脳内では問題が解決しているのです。

 

これはどういう事かというと、

“行動の大部分は無意識のうちに決定される”

のです。

 

従って、ほとんどの場合、

お客様は自分のしている行動の本当の理由をわかっていないため、

私たちから、お客様にいくらオファーをかけたり質問したりしても、

情報を得ることができずに失敗に終わることがほとんどなのです。

 

そして、お客様による自己申告により判断するマーケティングも失敗に終わります。

 

これはつまり、お客様の脳の5%に訴えかけているマーケティングなのです。

 

 

飲食店で言うと、アンケートがその一例です。

 

ただ単に、感想や意見を聞くだけのアンケートでは、

潜在意識に訴えかけたマーケティングではないため、

やり方によってはほとんど効果は無いのです。

 

 

これは「脳科学心理マーケティング術」の基本原理になります。

 

感情的で非言語的な潜在意識を無視せずに、

顧客の感情と潜在意識のニーズをしって、マーケティングを考えていきます。

↓↓↓★必見★当サイト管理人河野の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)↓↓↓

日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO


↓↓↓★まずは『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』をプチ体験!!★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科

 

 

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ