WCBblog
↓↓↓★飲食店の売上げをアップさせる必須のノウハウはこちら★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科

新規客と常連客の接し方の違い

お客さんによってのサービスの違いと対応の仕方

 

お客さんの心は、常にふらふら

「今日はどこの店に行こうかな~」

「毎日だとちょっと飽きてきたな」

「新しい店できたみたいだから、行ってみない?」

 

などなど、

 

感情は常に色々な情報に振り回されています。


そんな中、

「やっぱりあの店に行きたい!」

と思ってもらうには、

 

スタッフ総出で、お客様への対応を徹底しなければなりません。

 

まず大事なのが

・100%の笑顔

そして、

・第一印象が素晴らしい

・気づかいがあって親切

・ものすごく安心できる

 

など、まずは人として安心できたり、信頼できなければいけません。

 

そんな中でも

新規客と常連客とでは接し方は少し変えなければいけません。

 

このような言葉があります。

『10年来のお客様には初めてのお客様のように接し、

始めて来店したお客様には10年来のように付き合う』

 

 

かなり、深い言葉です。

 

つまり、 常連客に対しては、 仲良くしつつも、

お店のお客様ということを忘れずに、 節度をわきまえ、

さらに、 初来店のお客様には、 まるで常連さんのように気づかって、

心の不安を解消してあげることが大切。

 

ということです。

 

このような精神でお客様と接していれば、勝手にお店も繁盛していくのではないのでしょうか?

 

人と人との繋がりを大切にすることを忘れないでください。

↓↓↓★必見★当サイト管理人河野の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)↓↓↓

日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO


↓↓↓★まずは『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』をプチ体験!!★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科

 

 

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ