WCBblog
↓↓↓★飲食店の売上げをアップさせる必須のノウハウはこちら★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科

噂の【その気にさせる販促】を体験する

その気にさせる販促

 

人をその気分にさせる効果的な方法として、

<言葉>

があります。

 

例えば、

 

「唇がしぼんじゃうほどの、とってもすっぱいすーーっぱいレモンを口に入れているところを

絶対に思い浮かべないでください

 

と言われて、レモンのことを考えないでいられる人はまずいないでしょう。

 

その他、

目の前に水が入ったグラスと、水が入っていないグラスがある場合、

 

水が入っていないグラスが目の前にある方が、のどの渇きが早くなります。

 

 

~このような経験ありませんか?~

飲食店で、食事をしているとき、グラスに水が入っていないと、

 

「早く持ってきてくれないかなー」

と、料理よりも飲み物の方が気になってきて、なかなか食事に集中できませんが、

 

目の前に水の入ったグラスが満タンに入っていると、いつでも水が飲める、その安心感から、

料理を食べることに集中でき、気付いたら、あまり水は飲んでいなかった。

 

ということもよくあります。

 

不思議なことに、言葉や見えるモノによって、人間の身体の反応というのは変わります。

 

相手に何かをお願いしたり、要求をのんでほしい時など、

 

事前に“前置き”をしてからアプローチする受け入れられやすくなるでしょう。

 

またお店の内装でも壁の色や、飾っている写真などでも、

お客さんの気持ちを思い通りの方向に向かせることができます。

 

ただ、注意点として、

 

よく見かけるのが、冬場なのに真夏の水着のきたアイドルのビールのポスターなど

それ自体古いポスターというのも問題ですし、

 

さらに寒く思わせるような水着の写真をそのままにしておくのも

販売戦略として効果はうすいと思います。

 

などなど、

色々と周りを見渡せばできることがたくさんあると思うので、

気付いたことから取り組んでみてください!

↓↓↓★必見★当サイト管理人河野の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)↓↓↓

日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO


↓↓↓★まずは『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』をプチ体験!!★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科

 

 

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ