WCBblog
↓↓↓★飲食店の売上げをアップさせる必須のノウハウはこちら★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科

確率0%の伝え方 ~デザートの売り方を変えて単価アップ~

題名にもある

 

[確率0%の伝え方]

 

ですが、普段通りの接客言葉やチラシのコピーは、

 

誰から見ても、

 

「これは注文してくれないだろ、、、」

とか

 

「ロボットのように、マニュアルに書いてある言葉を言っている」

 

ひどい時は、

「注文してほしくないから、わざと言っているんじゃないの?」

 

と思ってしまうような場面がよくあります。

 

飲食店では、上手に伝えることで、

お店の売上をアップさせるということも大事ですが、

 

お客様に伝えるべきことをちゃんと伝えてあげることも大切です。

 

例えば、食後に

 

「デザートはいかかですか?」

と聞く場合、

 

私が知る限り、99%のレストランではこのように聞いてきます。

 

でも、

そのタイミングでちょうどお客さんが

デザートを欲しがっているのであれば、注文してくれるかもしれませんが、

 

そうでない限り、

 

「いや、結構です」

とメニューも見ないで断られます。

 

このような伝え方では、確率はかなり低いと思いませんか?

 

そうではなく、もっと効果的な言い方があります。

 

それは、

 

“お客様が断る前に、勝手にデザートの説明をしてしまう”のです。

 

「デザートはいかがですか?」

ではなく、

 

例えば、あなたのお店にアイスクリームがあったとすると、

 

「デザートのアイスは、抹茶と黒ゴマ、ストロベリーがありますが

いかがしますか?」

 

このように聞くことで、今まで0だった反応が、0ではなくなります。

 

これは、選択を迫られると、思わずどちらかを選んでしまうという

人間の心理でもあります。

 

もちろん、全員が全員注文することはありませんが、

 

少なくとも

 

「デザートはどうですか?」

より注文される可能性はぐんと上がることでしょう。

 

もっと上手に言うと、

 

「本日のデザートは、京都の宇治茶を使用した香り高い抹茶アイスか、

○○産の今が旬のイチゴのアイスがございますが、いかがいたしましょうか?」

 

などと伝えることで、

 

お客さんは

「お!美味しそうじゃん。もうお腹いっぱいだけど、

アイス一つくらいは食べられるかな、、、」

 

と思ってくれて、注文してくれることになります。

 

冒頭でも伝えましたが、

これは、お店の単価アップ売上アップにもなりますが、

お客さんのメリットでもあります。

 

もしかしたら、お客さんは

 

「帰り道にコンビニでアイスでも食べようかな―」

などと心の中で思っていたかもしれません。

 

それが、店員さんの一言で、お店にとっての満足度や印象がよりアップするのです。

 

このような言い回しは、直接言葉で伝えることもできますし、

POPやチラシなどでも使えます。

 

他にも、伝え方が変わるだけで、お客さんの反応が変わってくることはよくありますので、

 

あなたも一度考えてみて、お店で取り入れてみてくださいね。

 

↓↓↓★必見★当サイト管理人河野の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)↓↓↓

日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO


↓↓↓★まずは『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』をプチ体験!!★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科

 

 

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ