WCBblog
↓↓↓★飲食店の売上げをアップさせる必須のノウハウはこちら★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科

脳科学からみるビジネス実験室(序章)

脳科学からみるビジネス実験室(序章)

をお伝えします。

 

脳科学とは?

 

例えば、

広告などで100枚だせば1組の来店客の反応があるチラシがあったとすると、

 

その枚数を2倍、5倍などにすれば、それだけ来てくれるお客様も多くなります。

 

 

このようにすると、来店数も高くなりますが、広告費も高くなります。

 

 

より多くの投資をして、多くの収益を上げるビジネススタイルは

 

問題点として、お金がかかることです。

 

最悪なのはコストに見合う売上が確保できない事ですが、

 

このような労力や時間を費やすマーケティングは、あなたの人生を無駄にしてしまいます。

 

 

 

解決策

 

それは、お客様の脳に訴えかけることです。

 

そのために賢いマーケティング術を身につけるのです。

 

 

人の思考を分析し、マーケティングに活かす考え方は昔からあります。

 

購買心理、販売心理、広告心理とよばれるものですが、

 

脳科学の面からマーケティングを見たことはいまだかつてありません。

 

  • 人はどれだけ理性的なのか?
  • 潜在意識ではどうなっているのか?

 

私たちは、脳の働きを理解し、知識を活用し、

マーケティングと商品の両方を改善しなければなりません。

 

 

これは使いようによって、良くも悪くもなるもろ刃の剣です。

 

あなたの脳を使うだけではなく、お客様の脳も使ってマーケティングをして、

恐ろしいほどの影響を目の当たりにしてください。

↓↓↓★必見★当サイト管理人河野の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)↓↓↓

日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO


↓↓↓★まずは『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』をプチ体験!!★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科

 

 

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ